FC2ブログ

いびき 日本人

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

その「いびき」を改善するための方法として「レーザー治療」が有る。
のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を拡大させるようにする。こうする事で喉の粘膜の震えが改善され、いびきが低減されると云う事である。レーザーと云うとちょっと怖く実感するかも知れないが、手術は局所麻酔をスプレーであるるので痛みは殆ど実感出きないとおもうので懸念はないとおもう。
手術時間も5から15分レベルで短いし落ち着いてお受けして戴く事が出きる。

睡眠時無呼吸症候群の定義は1回の睡眠で10秒以上呼吸が留まる状態が30回以上つづく事、もしくは睡眠1時間当たりの無呼吸状態が5回以上ある事だとされている。
この状態を治療もしないで放置して置くと、命に危険が及ぶケースの場合もあるようである。そうならない為にも適切な症状の分析や診察、治療、改善、予防等の対処が必要不可欠に成る。

≪テープを口にして口を閉じる≫
口呼吸と云うのは口で呼吸する事である為、口を閉じて鼻呼吸する習慣を付ける事が肝心である。睡眠時に口にテープを張る事で鼻呼吸を誘う事が効果的だと云われている。
この口にするテープにはセロハンテープ等のものだと唇が荒れたりしてしまう為、市販されている「マウステープ」等を使用するようにしたほうが良いのかも知れない。



スポンサーサイト



17 : 07 : 25 | 日記 | page top↑

いびき うつぶせ

いびきをかく人と云うのは、熟睡出きないで息苦しくなって目が覚めてしまう。どういう事かと云うと、通常睡眠と云うのはノンレム睡眠からレム睡眠に移行し熟睡と云う状態に入っていくが、いびきをかく人はレム睡眠に入る前に目が覚めてしまうので熟睡出きないと云う事に成る。
ゆえに脳も体も充分に休養がとれないと云う事に成る。

以下に誰でも同じと云うメカニズムをご案内する。

いびきと云うのは上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔))の中にある粘膜が呼吸によりそこに空気がとおる時に振動を起こして音が鳴ると云う症状の事を指する。これは睡眠中の呼吸時にしか鳴らなく、通常時の呼吸では音が鳴らない。

なぜかと云うと、睡眠時のケースの場合の上気道が狭く為ってる事が関係している。

マウスピースを使用する使い道としては「いびき」や軽度から中度の「睡眠時無呼吸症候群」の人達である。メリットとしては体に負担がかからない、重くないので気楽に使用出きる。かさ張らないので携帯にもべんり、なんと云っても効果が90%以上とされているのである。

無呼吸の状態つづけばつづくほど体内の酸素不足が深刻化してくるのだ。酸素不足は循環機能に負担がかかったり、最悪は突如死等になったりで多種多様な問題が生じてくるのだ。
こうなる前に専門医等の診察を受け、早目の改善を心掛けるようにしたほうが良いとおもう。



17 : 24 : 20 | 日記 | page top↑

いびき 改善 枕

いびきは慢性的な酸欠状態を生じさせている。こんな症状があるケースの場合、内科的な原因が潜んでいるかも知れない。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が留まってしまった状態(これを無呼吸と云う)が継続的に繰返しおきる病気である。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気がおきたり、集中力が紛失したりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故等取り返しが付かない事故を起こす可能性が有る。それほど重大な事であるためである。

また、老化等による筋力の低下等でもいびきをかいてしまう可能性が有る。筋力と云うのは人に拠ってちがうが、おおよそ30歳位が筋力のピークだと云われていて、45から50歳位までは少しずつ筋力が低下していくのだ。
其の後、60歳前後で急速に筋力が低下すると云われている。

無呼吸の状態つづけばつづくほど体内の酸素不足が深刻化してくるのだ。酸素不足は循環機能に負担がかかったり、最悪は突如死等になったりで多種多様な問題が生じてくるのだ。
こうなる前に専門医等の診察を受け、早目の改善を心掛けるようにしたほうが良いとおもう。



19 : 00 : 22 | 日記 | page top↑

いびき 対策

いびきをかく人と云うのは、熟睡出きないで息苦しくなって目が覚めてしまう。どういう事かと云うと、通常睡眠と云うのはノンレム睡眠からレム睡眠に移行し熟睡と云う状態に入っていくが、いびきをかく人はレム睡眠に入る前に目が覚めてしまうので熟睡出きないと云う事に成る。
ゆえに脳も体も充分に休養がとれないと云う事に成る。

人に拠っては少しばかりの音で目が覚めてしまうケースの場合もあるくらい敏感な人もいる為、いびきをかく人は共同生活する人がそういう人だと困難になるケースの場合が有る。
また、いびきは自覚症状がなく他人に指摘されるケースの場合がおおく、指摘されたケースの場合はいびきの事が気になってしまって旅行等に足を運ぶときも消極的になってしまったり、恋人と一緒に就寝する事ができなかったり、結婚生活ができなくなるかもと苦しんでしまう人もいる。

では、おのおのの解説をする。

≪UPPP≫
この手法は睡眠時無呼吸症候群に適切的である。口蓋、軟口蓋を外科的に切除し、粘膜(口腔、鼻腔の両方)を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態をつくり上げる。

≪LAUP≫
いびきを治療する時に使用する手術法である。UPPPより切除する範囲は狭く、レーザーで焼くるのだ。

以下に、寝具に拠っていびきをかきやすい原因を挙げてみたいと思う。
・枕を使用していないケースの場合
・固い枕を使用しているケースの場合
・高い枕を使用しているケースの場合
・敷き布団等のマット類がやわらかすぎるケースの場合

以上である。寝心地が悪いと健康を害する可能性が有るので注意が必要に成る為、「寝返りが楽に出きる寝具」「横向きで就寝するのが楽な寝具」等に変えられるのなら変えた方が良いかとおもう。

勿論、寝具を変えたからと云っていびきが改善されると云う保障はないのだが、改善されるケースの場合も有る為、改善してみても良いかも知れない。



16 : 08 : 58 | 日記 | page top↑

いびき かかない

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

等である。このうちここでは「マウスピース」にかんしてご案内したいとおもう。

≪マウスピース(歯科装具)≫

適応:いびき
睡眠時無呼吸症候群

治療用マウスピースの制作順序
1.検査、歯型
2.アレンジ及び仮使用
3.最終仕上げ

≪持続性いびき≫
睡眠中の上気道の抵抗が多くはない為に、充分に換気があるため酸素不足に成る事はないのだ。

≪周期性いびき≫
気道の狭窄が大きい為に、呼吸が一時的では有るがストップされた状態に成る。呼吸がストップされると血液中に取り込まれるはずの酸素が不足し、炭酸ガスが累積されるように成る。こうなるといびきの音は高くなる。

≪枕や布団等を変えてみるべきだ≫
枕をちがう枕に変えたり、布団を変えたりするのも良いだろう。意外と今までとちがったイメージで就寝すると安眠出きたりするかも知れない。

他に、部屋の湿度を注意してみるとか、アルコールを控えるとか、ダイエットとかしてみるのもいびき改善につながるかも知れない。



16 : 46 : 20 | 日記 | page top↑

いびき 抜け毛

赤ちゃんってすごく可愛いものである。成長プロセスをみていくのもものすごく楽しみなものである。でもその赤ちゃんが眠ってる時にふと実感してしまう「いびき」!「あれ?うちの子いびきかいていたかしら?」「でも気にする事無いわね」等おもうかも知れない。

3.呼吸する筋肉の老化
老化現象に拠って呼吸する筋肉が緩んでしまって、上気道が狭まってきてしまいいびきをかいてしまうと云うわけである。

4.アルコール、薬を飲んだケースの場合
これは、アルコールを取る事により筋肉の緊張が緩み、気道が狭くなってしまい、我知らずのうちに相当の酸素を体に取り込もうと口呼吸になる為におきるわけである。

治療や手術をするには病院で診察を受けなければならない。最寄りの専門医に出向いてみて治療方法や値段等確認されてから治療を開始した方が良いとおもう。
しかしながら、いびき防止グッズと比較してみると料金は高くなるが、それはやむを得ない事と割り切って、早く治療が出きるとおもって吟味してみるのも良いのかも知れない。

≪食生活の改善≫
ダイエットをして減量するには食生活の改善と云う事も肝心な事である。
食生活の上で肥満につながる事柄であるが、以下の事が挙げれる。
・食事時間が不規則
・外食が少なくない
・間食が少なくない
・早食いする

以上の事が挙げれる為、心当たりがある人は注意してほしい。
また、観た目や体重は標準的であっても、内臓脂肪がたくさん付いていると云う人が少なくない。そういうケースの場合もいびきの原因となるので充分に注意が必要である。



17 : 58 : 40 | 日記 | page top↑

いびき ストレス

いびきを防止・対策する方法として「マウスピース」を使用してみると云う方法が有るのでご案内する。

≪マウスピース(歯科器具装置)≫
いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に為ってるケースの場合の治療法として「マウスピース(歯科器具装置)」と云うのが有る。マウスピースによる治療法は、1人1人のあごの骨格や形状等に適したマウスピースを使用して、睡眠時に舌が後方に下がってきて上気道をふさいでいかないように喉の広さを確保するための治療法として用いられている。

いびきをかく人は、キッチリと熟睡をしていない為、おきている時間帯の昼間に睡魔におそわれて仕方がないと云った状態になる。
こういった具合に、いびきをたびたびかいている人達、殊更に大いびき等異常ないびきをかいている人達には共通してある特徴点が現れているようであるためである。

上気道と云うのは、元々狭い器官である。その上気道が筋肉で支えられているのであるが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さに拠って速くなってしまい、空気抵抗が大幅になる。そのせいで上気道の粘膜の振動が増大して、抵抗音や振動音等が生じてしまうと云う事に成る。なぜ空気の流れが速くなるかと云うと、通常と同じ量の空気を睡眠時に吸うと、上気道の通り道が狭くなるので速度が速くなると云う事に成る。

装着はポータブルで良いのであるが、持ち運ぶにはホースが付いていたり、マスクのお手入れが必要になったり、電源が無いと使用できない等と不便である。また治療するには保険活用外であるため費用が高額になり数十万円もかかる。
しかしながら、中には保険が活用されるケースの場合も有る。
入院時の検査で無呼吸症候群が中から重度だと診察されたケースの場合で、かつ月1度の通院が出きる人に活用される。



17 : 06 : 06 | 日記 | page top↑

いびき うつる

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)」と云うのが有る。
これは重度までの睡眠時無呼吸症候群に適応している。
これは鼻にゴムマスクを着けてコンプレッサーを使用して圧力をプラスした空気を鼻から気道に送り込むようにする。

≪シンプルいびき症≫
これは、世間一般的に「いびき」と呼称される症状である。シンプルいびき症は睡眠時無呼吸症候群みたいに呼吸が留まったりしないので病気と云う枠には入らない。

でも、いびきと云うのは自覚症状があまりない為、自身では「シンプルいびき症」なのか「睡眠時無呼吸症候群」なのか決断がつかない。病気じゃないと云ってもシンプルいびき症を慢性的にしているとこれが発端となって多種多様な病気や疾患につながっていく可能性も有る為、「耳鼻咽喉科」等の専門医で1度診てもらう事をおすすめする。

あるお家の猫の事であるが、8歳前後の頃からそれとなく鼻から音を出すようになったそうである。其の後12から3歳のあたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻ががびがびになり、動けなくなったそうである。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受けてよくなったみたいのであるが、ちょっと「いびき」のようだな?と実感する鼻音がしたら病院に1度連れて行ってみるのも良いのかも知れない。

こういったケースの場合でいびきをかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)等を使用していびきを改善するのが良いとおもう。
マウスピースを使用するケースの場合は、顎を持ち上げた状態で使用し、下顎や舌が落ちるのを防止する。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を拡大させるようにして使用する。



19 : 02 : 35 | 日記 | page top↑

いびき 気にならない

いびきをかく人と云うのは、熟睡出きないで息苦しくなって目が覚めてしまう。どういう事かと云うと、通常睡眠と云うのはノンレム睡眠からレム睡眠に移行し熟睡と云う状態に入っていくが、いびきをかく人はレム睡眠に入る前に目が覚めてしまうので熟睡出きないと云う事に成る。
ゆえに脳も体も充分に休養がとれないと云う事に成る。

下記にその症状を記載するので該当するかどうか観てみてほしい。
・睡眠時に何回も目が覚める。
・昼間の居眠りが少なくないと思う。
・すぐ横になって就寝したいとおもってしまう。
・睡眠時に息苦しくなる。
・喉の渇きが異様におおく、水をがぶ飲みしてしまう。
・鼻や喉の疾患は殊更に無いが、毎晩大いびきをかいてしまう。
・昼間それとなく頭がだるくて、集中力が続かずに気力も沸かない。

これ以外にも色々有るが、該当するなとおもう項目があれば注意が必要!内科的な原因が潜んでいる可能性が有る。体の異常を警告してくれているのかも知れない。

いびきと云うのは、喉で生じるケースの場合、口を解放して就寝した時に下顎が下がってしまって舌の根元の方が喉の奥の方に下がっていき気道を塞いでしまい狭くしてしまう。狭くなると空気抵抗が生じ、気道のひだを振動させた音がいびきとなってでてしまうのである。

≪就寝する体制が仰向け≫
就寝するときの体制が仰向けだと、舌が喉の方に落ち込みやすく、口の奥の方にある粘膜がやわらかい部分が下がってしまう。その為に、上気道が狭くなったり、塞がってしまったりして、呼吸をする時に空気抵抗が大幅になる。その為に喉にある粘膜の振動が増大していびきをかきやすくなると云う訳である。

≪体位≫
就寝するときの体制の話で、胸の上に手を置いて就寝する事で胸の部分が圧迫されてしまい、呼吸が浅くなる。その為に酸素をおおく取り入れようとして力が入ってしまい、喉の粘膜の振動が増大してしまい、いびきをかいてしまうと云う結果に成るわけである。



16 : 35 : 31 | 日記 | page top↑

いびき 鼻水

いびきと云うのは、空気の通り道である上気道が狭くなる事で、空気がとおる振動音を出す事でおきている。
それとは別に睡眠時無呼吸症候群と云うのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が留まってしまい、その状態が長くつづく事を云う。
アメリカの調査では就寝している時に歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状がでると云う事が明白になった。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が留まってしまった状態(これを無呼吸と云う)が継続的に繰返しおきる病気である。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気がおきたり、集中力が紛失したりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故等取り返しが付かない事故を起こす可能性が有る。それほど重大な事であるためである。

★レーザー(治療)
いびきや無呼吸症候群をレーザー照射で気道を拡大させる事に拠って改善していくのだ。レーザー治療は、痛みや出血が多くはないので入院は必要なく、日帰りで治療が可能と為ってる。
問題視されている、いびきの時の音であるが個人差がある為に、治療をしても音が改善されない人もいるが、約9割の人が改善されるとされている。
このとき肥満の人は音が改善しないケースも有る。

更に赤ちゃんのいびきの原因には、アレルギー性鼻炎等の鼻の障害が有る。鼻呼吸が主の赤ちゃんが鼻づまりになって口呼吸になると、いびきの原因となるし、放置して置くと鼻疾患から呼吸困難を生じさせてしまう可能性が有る。
ケースの場合に拠っては命にかかわる事に成るかも知れないので専門医に直接診せる事をおすすめする。



11 : 29 : 57 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.