FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

いびき 新宿

「いびき」と云うのは睡眠時に発している爆音の事である。いびきをかくメカニズムや、いびきの音がでるメカニズムは皆同じであるためであるが、原因や音の大きさ等は人に拠ってちがってる。

いびきの防止グッズを使用して、いびきを改善するのはいい事であるが、あくまでもこれは改善で在り、治療じゃないのだ。改善で改善してくれれば良いのであるが、それでもダメなケースの場合は治療して治すと云う方法に成る。治療で人気がある方法ではレーザー治療等の手術が人気が有る。

≪睡眠不足≫
いびきをかいている状態の時は、熟睡していない事が少なくない、つまり眠りが浅いと云う事に成る。眠りが浅いと目覚めた時に疲労感が残ったりするケースの場合が少なくない為、日中眠気がおそってきたりする。

殊更に日中おそってくる眠気は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」である可能性が高いものであるので注意が必要に成る。

更に赤ちゃんのいびきの原因には、アレルギー性鼻炎等の鼻の障害が有る。鼻呼吸が主の赤ちゃんが鼻づまりになって口呼吸になると、いびきの原因となるし、放置して置くと鼻疾患から呼吸困難を生じさせてしまう可能性が有る。
ケースの場合に拠っては命にかかわる事に成るかも知れないので専門医に直接診せる事をおすすめする。



スポンサーサイト
05 : 00 : 16 | 日記 | page top↑

いびき 舌

いびきを防止・対策する方法として「マウスピース」を使用してみると云う方法が有るのでご案内する。

≪マウスピース(歯科器具装置)≫
いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に為ってるケースの場合の治療法として「マウスピース(歯科器具装置)」と云うのが有る。マウスピースによる治療法は、1人1人のあごの骨格や形状等に適したマウスピースを使用して、睡眠時に舌が後方に下がってきて上気道をふさいでいかないように喉の広さを確保するための治療法として用いられている。

UPPPとLAUPの両方とも、気道を狭く閉塞させないように喉の形を変える方法である。手術と云う外科的治療で喉の咽頭部分を拡大するので呼吸もしやすくなる。呼吸がしやすくなると体内の酸素取得量も増大する事に成る。
そうすると、心臓にかける負担が消耗する為に高血圧等の合併症を生じさせる危険性も消耗する。

5.鼻腔、喉、口腔に異常があるケースの場合
これこそ確実に、上気道を狭めてしまってる。この狭さを治さない限りいびきが改善される事はないとおもう。
例を挙げるとであるが、鼻中隔湾曲等の形態的異常や、呼吸筋の異常等が考慮される。

6.これ以外の原因
これは、原因が分かる事が出きないので内科的なトラブルが潜んでいるのじゃないかと考慮される。早目に専門医の診察を受けたほうが良いとおもう。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減少してしまう。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張る為に心臓に負担がかかってしまうと云う事に成る。
この為に「いびき」が酷い(ひどい)人は疲労が取れにくく、また高血圧にもなりやすくなる。何よりも熟睡が出きない為に昼間に眠気がおそってきたりもするのである。



05 : 09 : 44 | 日記 | page top↑

いびき 喉 詰まる

いびきの原因には多種多様有る。ざっくりのケースの場合は睡眠中に舌が上気道を塞いでしまう事による事が原因だとおもう。
いびきの治療の方法の一つに「レーザー治療」が有る。このレーザー治療は口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ拡大させていくと云う治療である。
いびきは気道の中の粘膜の震えが原因でおこる為、レーザー治療でこの震えを制御する事が出きると云う訳である。

いびきをかく人は、キッチリと熟睡をしていない為、おきている時間帯の昼間に睡魔におそわれて仕方がないと云った状態になる。
こういった具合に、いびきをたびたびかいている人達、殊更に大いびき等異常ないびきをかいている人達には共通してある特徴点が現れているようであるためである。

また、老化等による筋力の低下等でもいびきをかいてしまう可能性が有る。筋力と云うのは人に拠ってちがうが、おおよそ30歳位が筋力のピークだと云われていて、45から50歳位までは少しずつ筋力が低下していくのだ。
其の後、60歳前後で急速に筋力が低下すると云われている。

上記のうち、1番、3番、4番のいびきは、老化によるものだったり一時的なものだったりする為、あまり懸念する必要はないのだ。
睡眠時に熟睡している人と云うのは、決して口呼吸をしていないものである。



05 : 17 : 15 | 日記 | page top↑

いびき のど

いびきには大幅に3種類症状が有る。
どんな種類かと云うと、「シンプルいびき症」「上気道抵抗症候群」「睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」の3種類である。

また、顎が後方にシフトしてしまったケースの場合もいびきをかいてしまう可能性が有る。骨格がかかわってるケースの場合は他の原因(肥満等)に関係なくいびきをかいてしまう可能性が有る。
いびきは男性に多かったのであるが、近年食生活の変化から子顎の女性が増大してきている為、いびきをかく女性が増大してきているようである。

また、別の原因としては扁桃腺やアデノイドと云う咽頭扁桃が肥大している事が揚げれる。この肥大のピークは10歳前後だと云われている。この肥大が収まればいびきも自然と改善されるので赤ちゃんのいびきのケースの場合で、原因が扁桃腺等の肥大のケースの場合は少し様子を観ても良いのかも知れない。

≪食生活の改善≫
ダイエットをして減量するには食生活の改善と云う事も肝心な事である。
食生活の上で肥満につながる事柄であるが、以下の事が挙げれる。
・食事時間が不規則
・外食が少なくない
・間食が少なくない
・早食いする

以上の事が挙げれる為、心当たりがある人は注意してほしい。
また、観た目や体重は標準的であっても、内臓脂肪がたくさん付いていると云う人が少なくない。そういうケースの場合もいびきの原因となるので充分に注意が必要である。



05 : 12 : 09 | 日記 | page top↑

いびき ラジオ波 大阪

いびきと云うのは、空気の通り道である上気道が狭くなる事で、空気がとおる振動音を出す事でおきている。
それとは別に睡眠時無呼吸症候群と云うのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が留まってしまい、その状態が長くつづく事を云う。
アメリカの調査では就寝している時に歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状がでると云う事が明白になった。

口呼吸を治す方法としては以下の方法が有る為、参照事項としてほしい。

≪マウスピース≫
これは既製品のマウスピースの事で、通常に云ういびきや睡眠時無呼吸症候群の治療用として使用されている歯科器具装置のマウスピースじゃないのだ。
この既製品のマウスピースを使用する事で鼻呼吸にもどる可能性が有る。

★レーザー(治療)
いびきや無呼吸症候群をレーザー照射で気道を拡大させる事に拠って改善していくのだ。レーザー治療は、痛みや出血が多くはないので入院は必要なく、日帰りで治療が可能と為ってる。
問題視されている、いびきの時の音であるが個人差がある為に、治療をしても音が改善されない人もいるが、約9割の人が改善されるとされている。
このとき肥満の人は音が改善しないケースも有る。

★術後
治療後は落ち着くまで1から2週間ほどかかる為、凄い運動、刺激物の摂取等は控えて戴いた方が良いとおもう。
傷跡が落ち着いた頃の1から2週間後に通院して専門医に点検してもらえる。



05 : 00 : 48 | 日記 | page top↑

いびき 乳児

いびきと云うのは恐ろしいものだと云う事を認識しなくてはならない。
いびきによる睡眠呼吸障害は、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害や、呼吸中枢の中枢性障害、この二つが一緒になった混合性障害と云う障害に分類される。
この内の閉塞性障害では上気道の狭窄に拠っていびきがおきる。骨や軟骨で気道の周りが保持されていない為に一番深刻で問題となる部位と為ってる。

奥さんがものすごく苦しんでいるのに、いびきをかいている当の本人である旦那さんには自覚症状がないためか、いびきを治そうと云う意識が低い人が少なくないとおもう。
いびきと云うのは周りの人へ迷惑をかけるのは勿論の事、本人の健康自体にもあまり良くないと云う現実がある事を失念しないでほしい。

上気道と云うのは、元々狭い器官である。その上気道が筋肉で支えられているのであるが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さに拠って速くなってしまい、空気抵抗が大幅になる。そのせいで上気道の粘膜の振動が増大して、抵抗音や振動音等が生じてしまうと云う事に成る。なぜ空気の流れが速くなるかと云うと、通常と同じ量の空気を睡眠時に吸うと、上気道の通り道が狭くなるので速度が速くなると云う事に成る。

また痛みであるが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みがでる事も有るし、異和感があるケースの場合は1週間ほどで紛失するとおもう。また食物を口にすると呑みこみづらい等の異和感があるケースの場合が有る。
治療後の食事規制であるがアルコールや煙草は控え、固いもの、熱いもの、辛いもの等の刺激物等も控えるようにした方が良いだろう。
また処方されたうがい薬を1日5から6回ほど使用してうがいするようにしてほしい。



05 : 21 : 52 | 日記 | page top↑

いびき マウスピース

赤ちゃんってすごく可愛いものである。成長プロセスをみていくのもものすごく楽しみなものである。でもその赤ちゃんが眠ってる時にふと実感してしまう「いびき」!「あれ?うちの子いびきかいていたかしら?」「でも気にする事無いわね」等おもうかも知れない。

≪横向きで寝かせる≫
いびきをかいている人は仰向けで就寝している人が少なくない。おおよそ60%位はいるんじゃないかと云われている。

何故仰向けで就寝している人にいびきをかく人が少なくないかと云うと、舌は口から咽頭部まで伸長していて、その咽頭の1番奥までつながってる。
仰向けに就寝すると、舌が重みで咽頭の奥に覆いかぶさるように下がってしまう。

上気道と云うのは、元々狭い器官である。その上気道が筋肉で支えられているのであるが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さに拠って速くなってしまい、空気抵抗が大幅になる。そのせいで上気道の粘膜の振動が増大して、抵抗音や振動音等が生じてしまうと云う事に成る。なぜ空気の流れが速くなるかと云うと、通常と同じ量の空気を睡眠時に吸うと、上気道の通り道が狭くなるので速度が速くなると云う事に成る。

こういったケースの場合でいびきをかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)等を使用していびきを改善するのが良いとおもう。
マウスピースを使用するケースの場合は、顎を持ち上げた状態で使用し、下顎や舌が落ちるのを防止する。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を拡大させるようにして使用する。



00 : 41 : 31 | 日記 | page top↑

いびき マウスピース 効果

いびきを防止、対策する方法として、≪肥満改善(ダイエット)≫と云うのが有る。いびきの原因として「肥満」と云われているケースの場合は、いびき対策として「ダイエット」が必要不可欠なのじゃないかと考慮される。

「いびき」と云うのは、持続性のものと周期性のものとに分類される。
以下にその二つに分類された性質の解説を記述する。

≪枕を変えてみる≫
上気道等の喉が狭くなる症状は、枕を使用している人が少なくない。これはいびきの原因ともなる。枕等の寝具が原因でいびきをかいているケースの場合は寝具を変えてみる事が必要に成る。

こういった具合に、昼間に何時も睡魔におそわれているような状態に為ってるような人は、夜途方もなくいびきをかいて就寝している可能性が高いと云う事に成る。
こういう兆候を見逃さずに、いびきを改善・改善していくようにしよう。その為にも鼻腔を拡大させて空気の通りを良くする等したり、専門医に診せて改善していくようにしたりしよう。



05 : 03 : 08 | 日記 | page top↑

いびき 呼吸 苦しそう

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が留まってしまった状態(これを無呼吸と云う)が継続的に繰返しおきる病気である。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気がおきたり、集中力が紛失したりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故等取り返しが付かない事故を起こす可能性が有る。それほど重大な事であるためである。

いびきの原因と云うのは多種多様有るが、肥満やアルコール、過労、ストレスという心理的負荷、老齢等が有る。
このいびきを改善する為に、上星と云うツボが効果があると云われている。

≪上星(じょうせい)≫
このツボは、前頭部の髪の生え際の中央から1センチ上辺りに有る。別名「蓄膿症の特効ツボ」と云う風にも云われている。

しかしながら、デメリットも勿論有る。それは入れ歯の人は使用出きない、成長プロセスの子供には発育を妨げる可能性があるため使用出きない、毎日睡眠時に着用しなければならない等が揚げれる。
ここで云ってる「マウスピース」は専門医等で作成してもらうオリジナルの物であって、既製品のものじゃないのだ。既製品では効果は待望出きない為、絶対に専門医の診察を受けて自身専用に作成してもらうようにしよう。



05 : 17 : 09 | 日記 | page top↑

イビキ ナルト

いびきを防止、対策する方法として、≪口呼吸を治す≫と云うのが有る。
口呼吸と云うのは、いびきの大きな原因の一つである。口呼吸を治し、鼻呼吸にすると云う事がいびきを治す肝心な事である。
しかしながら、単に口呼吸を鼻呼吸に治せばいいと云うものじゃないのだ。鼻の疾患がある為に口呼吸しかダメと云う人も少なくはないのだ。その為にはまず鼻の疾患を耳鼻咽喉科等で診察を受けて治しよう。

いびきをかく人は、キッチリと熟睡をしていない為、おきている時間帯の昼間に睡魔におそわれて仕方がないと云った状態になる。
こういった具合に、いびきをたびたびかいている人達、殊更に大いびき等異常ないびきをかいている人達には共通してある特徴点が現れているようであるためである。

≪枕を変えてみる≫
上気道等の喉が狭くなる症状は、枕を使用している人が少なくない。これはいびきの原因ともなる。枕等の寝具が原因でいびきをかいているケースの場合は寝具を変えてみる事が必要に成る。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減少してしまう。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張る為に心臓に負担がかかってしまうと云う事に成る。
この為に「いびき」が酷い(ひどい)人は疲労が取れにくく、また高血圧にもなりやすくなる。何よりも熟睡が出きない為に昼間に眠気がおそってきたりもするのである。



05 : 18 : 14 | 日記 | page top↑

いびき 割合

いびきをおこす原因は6つあると云われているが、どんな原因があるのだろうか?

1.心身の疲れ、ストレスという心理的負荷等
これは、心身の疲労を回復する為に、口呼吸をして酸素を一杯体に取り込もうとするとおきるわけである。

2.肥満
これは、太る事に拠って軟口蓋や咽頭壁等にまで脂肪がついてしまい、咽頭の奥が肥大してしまって上気道が塞がれてしまっていびきをかいてしまう。

具体的にどうするかと云うと、自身専用のマウスピースを上下の歯の間に固定し下あごを少し前方に突き出す形にして噛み合わせを改善していくと云うものである。これで喉の上気道の広さを確保したり、いびき等を改善したり出きる可能性が有る。

いびきの原因と云うのは多種多様有るが、肥満やアルコール、過労、ストレスという心理的負荷、老齢等が有る。
このいびきを改善する為に、上星と云うツボが効果があると云われている。

≪上星(じょうせい)≫
このツボは、前頭部の髪の生え際の中央から1センチ上辺りに有る。別名「蓄膿症の特効ツボ」と云う風にも云われている。

≪メリット≫
・小型でポケットサイズの為に旅行や出張等持ち運びにべんりである。
・手術や鼻マスク等と比較するとずいぶん楽で、体への負担も途方もなく激減する。
・効果が90%以上と途方もなく高い為に、長期間つづける事が可能である。
・口に入れるだけで効果が現れる。
・通院回数も少なくて済むと思う。

≪デメリット≫
・18歳未満、もしくは20本以下しか歯が無い人は、使用できないケースの場合が有る。
・歯がぐらついたり、顎の関節に痛みがあったり障害がある人は、使用できないケースの場合が有る。
・寝つきが悪い人、神経質な人には使用できないケースの場合が有る。
・鼻の通りが悪い人、咽頭の肥大が大きい人は使用できないケースの場合が有る。



05 : 00 : 45 | 日記 | page top↑

いびき 脳梗塞

いびきと云うのは、あまり楽観視しないほうが良いとおもう。睡眠時無呼吸症候群や、耳鼻科等の疾患等のケースの場合も有るので専門医と対話する事をおすすめする。
いびきはどうしてかくのだろうか?いびきの原因として少なくないのは以下に挙げられる項目がメインののじゃないだろうか?

等である。このうちここでは「マウスピース」にかんしてご案内したいとおもう。

≪マウスピース(歯科装具)≫

適応:いびき
睡眠時無呼吸症候群

治療用マウスピースの制作順序
1.検査、歯型
2.アレンジ及び仮使用
3.最終仕上げ

5.鼻腔、喉、口腔に異常があるケースの場合
これこそ確実に、上気道を狭めてしまってる。この狭さを治さない限りいびきが改善される事はないとおもう。
例を挙げるとであるが、鼻中隔湾曲等の形態的異常や、呼吸筋の異常等が考慮される。

6.これ以外の原因
これは、原因が分かる事が出きないので内科的なトラブルが潜んでいるのじゃないかと考慮される。早目に専門医の診察を受けたほうが良いとおもう。

また痛みであるが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みがでる事も有るし、異和感があるケースの場合は1週間ほどで紛失するとおもう。また食物を口にすると呑みこみづらい等の異和感があるケースの場合が有る。
治療後の食事規制であるがアルコールや煙草は控え、固いもの、熱いもの、辛いもの等の刺激物等も控えるようにした方が良いだろう。
また処方されたうがい薬を1日5から6回ほど使用してうがいするようにしてほしい。



18 : 54 : 47 | 日記 | page top↑

いびき 喧嘩

いびきをおこす原因は6つあると云われているが、どんな原因があるのだろうか?

1.心身の疲れ、ストレスという心理的負荷等
これは、心身の疲労を回復する為に、口呼吸をして酸素を一杯体に取り込もうとするとおきるわけである。

2.肥満
これは、太る事に拠って軟口蓋や咽頭壁等にまで脂肪がついてしまい、咽頭の奥が肥大してしまって上気道が塞がれてしまっていびきをかいてしまう。

下記にその症状を記載するので該当するかどうか観てみてほしい。
・睡眠時に何回も目が覚める。
・昼間の居眠りが少なくないと思う。
・すぐ横になって就寝したいとおもってしまう。
・睡眠時に息苦しくなる。
・喉の渇きが異様におおく、水をがぶ飲みしてしまう。
・鼻や喉の疾患は殊更に無いが、毎晩大いびきをかいてしまう。
・昼間それとなく頭がだるくて、集中力が続かずに気力も沸かない。

これ以外にも色々有るが、該当するなとおもう項目があれば注意が必要!内科的な原因が潜んでいる可能性が有る。体の異常を警告してくれているのかも知れない。

手術と云うと「痛い」とおもわれる方も少なくないとおもうが、近年では「レーザー(レーザー手術)」を使用する病院がおおくなった為か、痛みが低減したり、出血が少なかったり傷跡が残りにくく、手術時間も短くて済む等の患者側の負担がずいぶん低減された形に為ってる。

★術後
治療後は落ち着くまで1から2週間ほどかかる為、凄い運動、刺激物の摂取等は控えて戴いた方が良いとおもう。
傷跡が落ち着いた頃の1から2週間後に通院して専門医に点検してもらえる。



16 : 38 : 41 | 日記 | page top↑

いびき ツボ

いびきの治療と云うのは、無呼吸症候群の時に保険適応される。無呼吸症候群によるいびきと云うのは絶対に少なくないと云う訳じゃないのだ。いびきがたいした事ないケースの場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘されるケースの場合が少なくないそういうケースの場合は保険適応外であるため病気としては把握される事が出きない。

以下に誰でも同じと云うメカニズムをご案内する。

いびきと云うのは上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔))の中にある粘膜が呼吸によりそこに空気がとおる時に振動を起こして音が鳴ると云う症状の事を指する。これは睡眠中の呼吸時にしか鳴らなく、通常時の呼吸では音が鳴らない。

なぜかと云うと、睡眠時のケースの場合の上気道が狭く為ってる事が関係している。

あるお家の猫の事であるが、8歳前後の頃からそれとなく鼻から音を出すようになったそうである。其の後12から3歳のあたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻ががびがびになり、動けなくなったそうである。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受けてよくなったみたいのであるが、ちょっと「いびき」のようだな?と実感する鼻音がしたら病院に1度連れて行ってみるのも良いのかも知れない。

≪枕や布団等を変えてみるべきだ≫
枕をちがう枕に変えたり、布団を変えたりするのも良いだろう。意外と今までとちがったイメージで就寝すると安眠出きたりするかも知れない。

他に、部屋の湿度を注意してみるとか、アルコールを控えるとか、ダイエットとかしてみるのもいびき改善につながるかも知れない。



18 : 43 : 12 | 日記 | page top↑

いびき 男

いびきと云うのは、あまり楽観視しないほうが良いとおもう。睡眠時無呼吸症候群や、耳鼻科等の疾患等のケースの場合も有るので専門医と対話する事をおすすめする。
いびきはどうしてかくのだろうか?いびきの原因として少なくないのは以下に挙げられる項目がメインののじゃないだろうか?

いびきと云うのは、余りに為ってる人がおおく、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診察や治療が遅れてしまい、重度に成るケースの場合が有った。
いびきには薬での治療法がないと云うのが他の病気と大幅にちがう点だとおもう。その為に手術以外の民間療法がおおく有る。ただし治療効果には多少問題があると云えるが・・・・・・

≪枕の片側を高くしてみる≫
枕の片側に本等を置いて高くする事で、仰向けに就寝するのが難しくなる。ゆえに自然に横向きで就寝しやすくなると云う事に成る。

≪帽子を被って就寝してみる≫
帽子の後頭部のあたりに物を詰めて就寝する事で仰向けに就寝する事が難しくなり、横向きで就寝するしかなくなる。

≪テープを口にして口を閉じる≫
口呼吸と云うのは口で呼吸する事である為、口を閉じて鼻呼吸する習慣を付ける事が肝心である。睡眠時に口にテープを張る事で鼻呼吸を誘う事が効果的だと云われている。
この口にするテープにはセロハンテープ等のものだと唇が荒れたりしてしまう為、市販されている「マウステープ」等を使用するようにしたほうが良いのかも知れない。



22 : 07 : 15 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。