FC2ブログ

いびき 検査

いびきと云うのは、空気の通り道である上気道が狭くなる事で、空気がとおる振動音を出す事でおきている。
それとは別に睡眠時無呼吸症候群と云うのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が留まってしまい、その状態が長くつづく事を云う。
アメリカの調査では就寝している時に歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状がでると云う事が明白になった。

また、顎が後方にシフトしてしまったケースの場合もいびきをかいてしまう可能性が有る。骨格がかかわってるケースの場合は他の原因(肥満等)に関係なくいびきをかいてしまう可能性が有る。
いびきは男性に多かったのであるが、近年食生活の変化から子顎の女性が増大してきている為、いびきをかく女性が増大してきているようである。

下記に肥満改善出きる対策をご案内するので参照事項としてほしい。

≪適度な運動≫
ダイエットして減量するには、適度な運動と云うのは絶対に欠かせない。食事規制だけで減量しようとするのは、体に負担がかかってしまう上に、リバウンドの可能性も高くなる。

かと云って、過度な運動をすると反対に疲労が溜まってしまう為、その疲労がいびきの原因となる事が有る。ゆえに過度な運動ではなく、あくまでも適度な運動が肝心だと云う事に成る。

≪枕や布団等を変えてみるべきだ≫
枕をちがう枕に変えたり、布団を変えたりするのも良いだろう。意外と今までとちがったイメージで就寝すると安眠出きたりするかも知れない。

他に、部屋の湿度を注意してみるとか、アルコールを控えるとか、ダイエットとかしてみるのもいびき改善につながるかも知れない。



スポンサーサイト



05 : 12 : 40 | 日記 | page top↑

いびき 寝方

いびきと云うのは、本人は勿論であるが一緒に就寝している人にとっても途方もなく迷惑な話である。いびきは治せるなら治したほうが良いとおもう。出きれば耳鼻咽喉科等の専門医で診てもらったほうが良いとはおもうのであるが、そこまで大げさにしたくないと云う人の為に、前段階として家庭内で出きる「いびきの治し方」があるので試してみてほしい。
実行してみて、おおよそ一週間ほどでいびきが聞こえなくなったり、口呼吸から鼻呼吸に変わったりしたら、そのいびきは「大丈夫ないびき」と決断してよいとおもう。

いびきと云うのは、余りに為ってる人がおおく、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診察や治療が遅れてしまい、重度に成るケースの場合が有った。
いびきには薬での治療法がないと云うのが他の病気と大幅にちがう点だとおもう。その為に手術以外の民間療法がおおく有る。ただし治療効果には多少問題があると云えるが・・・・・・

≪おしゃぶり≫
口呼吸になった原因と云うのは、赤ちゃんの頃に早目に「おしゃぶり」を外された事が原因だと云われている。

と云う事は、おしゃぶりをするようにすれば子供だけでなく大人でも口呼吸から鼻呼吸にもどす事が可能だと云われている。
これを待望して、恥ずかしいかも知れないが一日に数時間だけでもおしゃぶりする生活をしてみるのも良いのかも知れない。

こういった具合に、昼間に何時も睡魔におそわれているような状態に為ってるような人は、夜途方もなくいびきをかいて就寝している可能性が高いと云う事に成る。
こういう兆候を見逃さずに、いびきを改善・改善していくようにしよう。その為にも鼻腔を拡大させて空気の通りを良くする等したり、専門医に診せて改善していくようにしたりしよう。



05 : 03 : 39 | 日記 | page top↑

いびき 筋トレ

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)」と云うのが有る。
これは重度までの睡眠時無呼吸症候群に適応している。
これは鼻にゴムマスクを着けてコンプレッサーを使用して圧力をプラスした空気を鼻から気道に送り込むようにする。

いびきをかく人は、キッチリと熟睡をしていない為、おきている時間帯の昼間に睡魔におそわれて仕方がないと云った状態になる。
こういった具合に、いびきをたびたびかいている人達、殊更に大いびき等異常ないびきをかいている人達には共通してある特徴点が現れているようであるためである。

あるお家の猫の事であるが、8歳前後の頃からそれとなく鼻から音を出すようになったそうである。其の後12から3歳のあたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻ががびがびになり、動けなくなったそうである。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受けてよくなったみたいのであるが、ちょっと「いびき」のようだな?と実感する鼻音がしたら病院に1度連れて行ってみるのも良いのかも知れない。

近頃は「いびき」は男性だけでなく女性も、子供も、犬猫までもかくようになってきた。こういうときだからこそいびきを甘く観ないで防止や改善、対策をして病気の予防をするように心が、防止グッズを使用したり専門医に診せたりする事も肝心だとおもう。



05 : 25 : 12 | 日記 | page top↑

いびき 毎日

いびきを防止、対策する方法として、≪横向きで就寝する≫と云うのが有る。いびきや睡眠時無呼吸症候群の大きな原因として仰向けで就寝すると云う事が挙げれる。である為、横向きで就寝すると云う事を心掛けるだけでいびきを防止したり、改善したりする可能性が有る。

いびきと云うのは、口呼吸と鼻呼吸を同時に行ってる時に生じるものである。呼吸自体に異常がある訳でもなく、気道の異常に拠ってあの騒音が出されているのである。
どういう事かと云うと、睡眠中と云うのは口蓋の筋肉が緩んでしまう為に下顎が下がってしまう。そうすると、空気の通り道が狭くなる。鼻からよりも口から吸う息のほうが量が少なくないと、いびきをかいてしまいやすくなると云う訳である。

マウスピースを使用する使い道としては「いびき」や軽度から中度の「睡眠時無呼吸症候群」の人達である。メリットとしては体に負担がかからない、重くないので気楽に使用出きる。かさ張らないので携帯にもべんり、なんと云っても効果が90%以上とされているのである。

≪メリット≫
・小型でポケットサイズの為に旅行や出張等持ち運びにべんりである。
・手術や鼻マスク等と比較するとずいぶん楽で、体への負担も途方もなく激減する。
・効果が90%以上と途方もなく高い為に、長期間つづける事が可能である。
・口に入れるだけで効果が現れる。
・通院回数も少なくて済むと思う。

≪デメリット≫
・18歳未満、もしくは20本以下しか歯が無い人は、使用できないケースの場合が有る。
・歯がぐらついたり、顎の関節に痛みがあったり障害がある人は、使用できないケースの場合が有る。
・寝つきが悪い人、神経質な人には使用できないケースの場合が有る。
・鼻の通りが悪い人、咽頭の肥大が大きい人は使用できないケースの場合が有る。



05 : 01 : 58 | 日記 | page top↑

いびき 治療 東京

いびきをおこす原因は6つあると云われているが、どんな原因があるのだろうか?

1.心身の疲れ、ストレスという心理的負荷等
これは、心身の疲労を回復する為に、口呼吸をして酸素を一杯体に取り込もうとするとおきるわけである。

2.肥満
これは、太る事に拠って軟口蓋や咽頭壁等にまで脂肪がついてしまい、咽頭の奥が肥大してしまって上気道が塞がれてしまっていびきをかいてしまう。

具体的にどうするかと云うと、自身専用のマウスピースを上下の歯の間に固定し下あごを少し前方に突き出す形にして噛み合わせを改善していくと云うものである。これで喉の上気道の広さを確保したり、いびき等を改善したり出きる可能性が有る。

大いびきをかく人の大半の人が睡眠時無呼吸症候群に為ってると云う事が明白に為ってる。睡眠時無呼吸症候群と云うのは睡眠時に一時的に呼吸がSTOPしてしまい、体全体への酸素の供給をSTOPしてしまうと云う事である。

以下に、寝具に拠っていびきをかきやすい原因を挙げてみたいと思う。
・枕を使用していないケースの場合
・固い枕を使用しているケースの場合
・高い枕を使用しているケースの場合
・敷き布団等のマット類がやわらかすぎるケースの場合

以上である。寝心地が悪いと健康を害する可能性が有るので注意が必要に成る為、「寝返りが楽に出きる寝具」「横向きで就寝するのが楽な寝具」等に変えられるのなら変えた方が良いかとおもう。

勿論、寝具を変えたからと云っていびきが改善されると云う保障はないのだが、改善されるケースの場合も有る為、改善してみても良いかも知れない。



05 : 22 : 48 | 日記 | page top↑

いびき マスク

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)」と云うのが有る。
これは重度までの睡眠時無呼吸症候群に適応している。
これは鼻にゴムマスクを着けてコンプレッサーを使用して圧力をプラスした空気を鼻から気道に送り込むようにする。

1.鼻疾患や鼻炎等の疾患による悪化
これは、悪化しているようであればケースの場合に拠っては手術が必要に成るかも知れない。

2.扁桃肥大がメインの原因で、これ以外にはアデノイド肥大や咽頭部の狭窄をきたすような物理的な口蓋扁桃肥大等のケースの場合。
このケースの場合の改善法としては、口蓋扁桃肥大が大きい子供さんや、大いびき等のケースの場合、口蓋扁桃腺手術適応、口蓋扁桃腺摘出手術等が必要に成るのじゃないかとおもう。
3.肥満
大人の方が肥満であるケースの場合は、ダイエットが必要であるとおもわれる。

4.アルコールや薬摂取による鼻の粘膜の肥厚や充血

上気道と云うのは、元々狭い器官である。その上気道が筋肉で支えられているのであるが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さに拠って速くなってしまい、空気抵抗が大幅になる。そのせいで上気道の粘膜の振動が増大して、抵抗音や振動音等が生じてしまうと云う事に成る。なぜ空気の流れが速くなるかと云うと、通常と同じ量の空気を睡眠時に吸うと、上気道の通り道が狭くなるので速度が速くなると云う事に成る。

いびきや睡眠時無呼吸症候群等で睡眠不足等の睡眠障害等に成ると、昼間に睡魔におそわれるようになったり、覚醒障害、注意力散漫等の原因になったりする。睡眠障害時の車の運転は事故の元ともなるので殊更に注意が必要に成るとおもう。更に血液中に酸素が不足してしまうと脳を刺激してしまう為に覚醒を起こしてしまう

また、酸素不足に成ると高血圧や肺性心合併等の合併症の原因ともなるので更に注意が必要に成る。



05 : 12 : 52 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.