FC2ブログ

いびき ツボ

いびきの治療と云うのは、無呼吸症候群の時に保険適応される。無呼吸症候群によるいびきと云うのは絶対に少なくないと云う訳じゃないのだ。いびきがたいした事ないケースの場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘されるケースの場合が少なくないそういうケースの場合は保険適応外であるため病気としては把握される事が出きない。

以下に誰でも同じと云うメカニズムをご案内する。

いびきと云うのは上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔))の中にある粘膜が呼吸によりそこに空気がとおる時に振動を起こして音が鳴ると云う症状の事を指する。これは睡眠中の呼吸時にしか鳴らなく、通常時の呼吸では音が鳴らない。

なぜかと云うと、睡眠時のケースの場合の上気道が狭く為ってる事が関係している。

あるお家の猫の事であるが、8歳前後の頃からそれとなく鼻から音を出すようになったそうである。其の後12から3歳のあたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻ががびがびになり、動けなくなったそうである。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受けてよくなったみたいのであるが、ちょっと「いびき」のようだな?と実感する鼻音がしたら病院に1度連れて行ってみるのも良いのかも知れない。

≪枕や布団等を変えてみるべきだ≫
枕をちがう枕に変えたり、布団を変えたりするのも良いだろう。意外と今までとちがったイメージで就寝すると安眠出きたりするかも知れない。

他に、部屋の湿度を注意してみるとか、アルコールを控えるとか、ダイエットとかしてみるのもいびき改善につながるかも知れない。



スポンサーサイト



18 : 43 : 12 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.