FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

いびき 呼吸 苦しそう

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が留まってしまった状態(これを無呼吸と云う)が継続的に繰返しおきる病気である。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気がおきたり、集中力が紛失したりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故等取り返しが付かない事故を起こす可能性が有る。それほど重大な事であるためである。

いびきの原因と云うのは多種多様有るが、肥満やアルコール、過労、ストレスという心理的負荷、老齢等が有る。
このいびきを改善する為に、上星と云うツボが効果があると云われている。

≪上星(じょうせい)≫
このツボは、前頭部の髪の生え際の中央から1センチ上辺りに有る。別名「蓄膿症の特効ツボ」と云う風にも云われている。

しかしながら、デメリットも勿論有る。それは入れ歯の人は使用出きない、成長プロセスの子供には発育を妨げる可能性があるため使用出きない、毎日睡眠時に着用しなければならない等が揚げれる。
ここで云ってる「マウスピース」は専門医等で作成してもらうオリジナルの物であって、既製品のものじゃないのだ。既製品では効果は待望出きない為、絶対に専門医の診察を受けて自身専用に作成してもらうようにしよう。



スポンサーサイト
05 : 17 : 09 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。