FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

いびき 舌

いびきを防止・対策する方法として「マウスピース」を使用してみると云う方法が有るのでご案内する。

≪マウスピース(歯科器具装置)≫
いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に為ってるケースの場合の治療法として「マウスピース(歯科器具装置)」と云うのが有る。マウスピースによる治療法は、1人1人のあごの骨格や形状等に適したマウスピースを使用して、睡眠時に舌が後方に下がってきて上気道をふさいでいかないように喉の広さを確保するための治療法として用いられている。

UPPPとLAUPの両方とも、気道を狭く閉塞させないように喉の形を変える方法である。手術と云う外科的治療で喉の咽頭部分を拡大するので呼吸もしやすくなる。呼吸がしやすくなると体内の酸素取得量も増大する事に成る。
そうすると、心臓にかける負担が消耗する為に高血圧等の合併症を生じさせる危険性も消耗する。

5.鼻腔、喉、口腔に異常があるケースの場合
これこそ確実に、上気道を狭めてしまってる。この狭さを治さない限りいびきが改善される事はないとおもう。
例を挙げるとであるが、鼻中隔湾曲等の形態的異常や、呼吸筋の異常等が考慮される。

6.これ以外の原因
これは、原因が分かる事が出きないので内科的なトラブルが潜んでいるのじゃないかと考慮される。早目に専門医の診察を受けたほうが良いとおもう。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減少してしまう。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張る為に心臓に負担がかかってしまうと云う事に成る。
この為に「いびき」が酷い(ひどい)人は疲労が取れにくく、また高血圧にもなりやすくなる。何よりも熟睡が出きない為に昼間に眠気がおそってきたりもするのである。



スポンサーサイト
05 : 09 : 44 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。