FC2ブログ

いびき 日本人

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

その「いびき」を改善するための方法として「レーザー治療」が有る。
のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を拡大させるようにする。こうする事で喉の粘膜の震えが改善され、いびきが低減されると云う事である。レーザーと云うとちょっと怖く実感するかも知れないが、手術は局所麻酔をスプレーであるるので痛みは殆ど実感出きないとおもうので懸念はないとおもう。
手術時間も5から15分レベルで短いし落ち着いてお受けして戴く事が出きる。

睡眠時無呼吸症候群の定義は1回の睡眠で10秒以上呼吸が留まる状態が30回以上つづく事、もしくは睡眠1時間当たりの無呼吸状態が5回以上ある事だとされている。
この状態を治療もしないで放置して置くと、命に危険が及ぶケースの場合もあるようである。そうならない為にも適切な症状の分析や診察、治療、改善、予防等の対処が必要不可欠に成る。

≪テープを口にして口を閉じる≫
口呼吸と云うのは口で呼吸する事である為、口を閉じて鼻呼吸する習慣を付ける事が肝心である。睡眠時に口にテープを張る事で鼻呼吸を誘う事が効果的だと云われている。
この口にするテープにはセロハンテープ等のものだと唇が荒れたりしてしまう為、市販されている「マウステープ」等を使用するようにしたほうが良いのかも知れない。



スポンサーサイト



17 : 07 : 25 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.