FC2ブログ

いびき amazon

子供のいびきと云うのは注意が必要だとおもうが、赤ちゃんのいびきと云うのは子供以上に注意をしなければならない。
赤ちゃん、殊更に新生児がいびきをかいているケースの場合、先天的な疾患や障害が原因でおこってるケースの場合が殆どだからである。
いびきと云うのは、のどの構造上の問題でかくケースの場合がおおく、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めると云う事象から生じている。これは完治しにくいと云われているが、赤ちゃんのケースの場合は成長に拠って喉も変わってくるので自然に治るケースの場合が有る。

と云う懸念や疑惑をお持ちの飼い主さんは一杯いるとおもう。
獣医さんによると猫がいびきをかいていると実感していて、外にでる猫のうち8から9割の猫は「猫風邪」と云うのを慢性的に患ってるそうである。猫も若いうちは症状が出ないので分かる事が出きないのであるが、年齢を重ねていくうちに少しずつ少しずつ症状がでてくるように成るそうである。その上風邪も治りにくくなってくるそうであるからなお更いびきのような鼻から音がでるように成るそうである。

★レーザー(治療)
いびきや無呼吸症候群をレーザー照射で気道を拡大させる事に拠って改善していくのだ。レーザー治療は、痛みや出血が多くはないので入院は必要なく、日帰りで治療が可能と為ってる。
問題視されている、いびきの時の音であるが個人差がある為に、治療をしても音が改善されない人もいるが、約9割の人が改善されるとされている。
このとき肥満の人は音が改善しないケースも有る。

どう刺激をあたえるかと云うと、煙草やお灸等で暖かい刺激を1日20回前後程あたえるようにしてほしい。そうする事により、鼻の通りがよくなりいびきが改善されると云うわけである。
また、ツボの他のいびき改善法としては、「枕を高くして就寝する事」「横向きになって就寝する事」等が有る。いびきを改善出きるかも知れないので心掛けてみてほしい。



スポンサーサイト



18 : 40 : 26 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.