FC2ブログ

いびき 止める アプリ

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「外科手術」と云う方法が有る。
外科手術と云うのは病的な症状が原因のケースの場合や、病気が原因のケースの場合の時に適応するやり方である。
外科手術の必要がある病的症状としては、気道内における扁桃の過度な肥大、のどちんこが極端に長い等が有る。
いびきや睡眠時無呼吸症候群で実践する手術の方法で一般的な方法はUPPPとLAUPである。

また、顎が後方にシフトしてしまったケースの場合もいびきをかいてしまう可能性が有る。骨格がかかわってるケースの場合は他の原因(肥満等)に関係なくいびきをかいてしまう可能性が有る。
いびきは男性に多かったのであるが、近年食生活の変化から子顎の女性が増大してきている為、いびきをかく女性が増大してきているようである。

マウスピースを使用する治療法は体に負担をかけないと云う事で、いびきや無呼吸症候群に適切的だとされている。マウスピースをつけると下あごが持ち上がって気道がオープンする為に空気の通りがよくなる。
そうするといびきや無呼吸が改善される。
効果は90%以上だと云われている。
これは上下の歯と顎の状態に合わせてアクリル樹脂で個人個人に作成する。

睡眠時には全身の筋肉が緩みたいと思う。と云う事は上気道の筋肉も緩んでしまう。であるので上気道は睡眠時には狭くなる。そうなると「いびき音」が生起しやすくなると云う事に成る。

上気道が狭くなるのは睡眠時の時は勿論、アルコール摂取、疲労、肥満、病気、老化等多種多様な原因に拠って上気道が狭くなる可能性が有る。

原因は多種多様であるが、いびきがでるメカニズムは上気道が狭くなる事につながってる。




スポンサーサイト



17 : 31 : 13 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.