FC2ブログ

いびき 騒音

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「外科手術」と云う方法が有る。
外科手術と云うのは病的な症状が原因のケースの場合や、病気が原因のケースの場合の時に適応するやり方である。
外科手術の必要がある病的症状としては、気道内における扁桃の過度な肥大、のどちんこが極端に長い等が有る。
いびきや睡眠時無呼吸症候群で実践する手術の方法で一般的な方法はUPPPとLAUPである。

これは人工呼吸器のように気道内を陽圧にさせて空気を人工的に送り込む事が可能である。
こうする事で舌が気道の方に落ち込んで気道を閉塞させる事を防止する事が出きる。
この方法を用いると症状が大幅に改善されるように成る為に熟睡出きるようになり、睡眠時無呼吸症候群には途方もなくの効果が待望出きると云われている。

5.鼻腔、喉、口腔に異常があるケースの場合
これこそ確実に、上気道を狭めてしまってる。この狭さを治さない限りいびきが改善される事はないとおもう。
例を挙げるとであるが、鼻中隔湾曲等の形態的異常や、呼吸筋の異常等が考慮される。

6.これ以外の原因
これは、原因が分かる事が出きないので内科的なトラブルが潜んでいるのじゃないかと考慮される。早目に専門医の診察を受けたほうが良いとおもう。

何故危険かと云うと、睡眠中は人間の体が一番休息を求める時間なのに、慢性的に酸欠状態になると生命活動そのものが危険にさらされてしまうと云う恐い状態になると云う事である。
体が酸欠状態になると、循環器系や呼吸器系等へ悪影響がでてくる可能性がでてくるのだ。ゆえに脳梗塞や脳卒中等を生じさせる可能性がでてくると云うわけである。
また、合併症も生じさせる可能性も有るので早目に専門医に診てもらう事をおすすめする。



スポンサーサイト



17 : 42 : 46 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (119)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 瑠果の星空日記 All Rights Reserved.